3DアイドルをVR化して公開 – MixamoとSketchfab編 –

VR 3Dモデル FaceGen DAZ Studio Blender Mixamo Sketchfab

前回FaceGenとDAZ Studioで制作した3Dアイドル作品をMixamoでアニメーション化しSketchfabでVR化して公開したので紹介します。無料で作品のダウンロードもできます。すべての作業をFaceGen以外は無料の範囲で行いました。FaceGenも試す場合はDEMO版が使えます。

はじめに

以下の記事でFaceGenとDAZ Studioを用いて顔写真1枚から3Dアイドル・モデル作品を制作しました。

今回はその3Dアイドル・モデルをAdobe Mixamoサイトに読み込んでアニメーションを付けて、SketchfabサイトでVR化して公開したので紹介します。

完成後のVR作品

以下がVR作品です。

この作品はふわっとした衣装なのでMixamoのアニメーション化で肩の部分とスカートの中に隠れた部分の身体がおかしくなっています。私の場合は、そういう想定外のことが起こるのを楽しく感じますが、まともなアニメーションにしたい場合は、VRアイドルモデルアニメーション制作マニュアル用に作った以下の作品を参考にしてください。

本来は刀を持って振り回すアニメーションですが、今回は刀無しでアニメーションしています。今後刀付きでチャレンジする予定です。

DAZ Studioで3Dアイドル・モデルを準備

Mixamoでアニメーション化するためにはTポーズにする必要があるので、先ずはTポーズをライブラリーに保存します。

Smart Content」タブで「Genesis 2 Base Female」をダブルクリックしてシーンに読み込みます。

私の場合は、Chromebookから仮想Windows「Paperspace」のStandard版を使って作業しました。

Content Library」タブで左下の「」をクリックして「Pose Preset…」を選んで保存します。

Genesis 2 Femaleをシーンから削除して「Smart Content」タブの「Ready to Render」メニューから「SiFi Warrior Scene」をダブルクリックしてシーンに読み込みます。

DAZ Studioで前回と同様にして3Dアイドル・モデルにします。

表情は多少険しくしました。

先ほど保存したTポーズを適用します。

私の場合は、衣装を前回のGenesis 8 Female向けのものに取り替えました。

3Dモデルをエクスポート

.daeでエクスポートします。

デフォールトのまま「Accept」をクリックして保存します。

Blenderにインポート

以下のサイトからBlenderをインストールして、先ほど保存したファイルをインポートします。

刀はこの段階で削除しました。刀があるとMixamoでアニメーション化がうまくいきませんでした。

3Dモデルをテクスチャー付きの.fbxでエクスポート

上記のようなエクスポートの設定にして、テクスチャー付きの.fbxでエクスポートします。

Mixamoでアニメーション

以下のAdobe Mixamoサイトに行きます。

https://www.mixamo.com/#/

私の場合は、Adobe IDでログインしましたが、Adobe IDを持っていない場合はGoogleアカウントなどでログインします。

UPLOAD CHARACTER」ボタンをクリックして、先ほど保存した.fbxファイルをサイトにアップロードします。

Select character file」をクリックします。

NEXT」をクリック。

各身体ポジションをマウスドラッグで指定して「NEXT」をクリック。

「AUTO-RIGGER」が完了すれば、アニメーションが開始されます。この段階で肩の部分がおかしくなっているのがわかりましたが、私の場合は気にせず次に進めました。「NEXT」をクリック。

左パネルから適当にアニメーションを選んで適用します。テクスチャーは次のSketchfabサイトで調整するので髪や目の周りが変なのは気にしません。衣装の透け感も同様です。

DOWNLOAD」をクリック。

デフォールトのままで「DOWNLOAD」をクリックして.fbxで保存します。

私の場合は、ここまでの作業を仮想Windows「Paperspace」のStandard版で行いました。仮想Windowsは日本の夕方以降のネットが混雑する時間帯でも時差でアメリカ西海岸は朝なのでサクサク作業ができます。

Sketchfabサイトにアップロード

以下のサイトに行きます。

https://sketchfab.com/

右上の「LOGIN」をクリックしてログインし「UPLOAD」をクリック。

browse」をクリックして保存した.fbxファイルを指定してアップロードします。

Descriptionに英語で簡単な説明を加え、カテゴリーやタグを適当に入力して、私の場合は右側の「Download」を「Free」にして「SAVE & PUBLISH」をクリック。

マテリアルなどを設定

GOT IT! SEE MY MODEL」をクリックしアニメーションを確認し、いったん閉じます。

アカウントメニューから「Models」をクリック。

右下の歯車アイコンをクリックし「3D settings」をクリック。

背景を設定します。

背景の設定は一般タブでも行います。

目の周りのマテリアルを調整します。例えば、まつ毛は「Eyelashes」をマテリアルメニューから選んで設定を試行錯誤します。

その他のテクスチャーも試行錯誤して調整します。

アニメーションの場合は、ポートレートレンダリングと違ってカメラを退いて撮影するので、あまり細かい部分にこだわらなくても良いと思います。

フレアースカートに隠れている脚の部分は形が崩れるので、スカートの下の部分を半透明にはしたくないのですが、今回の場合は「OPACITY」で半透明に設定することで衣装の透け感を出す例として参考にしてください。

まとめ

ブログ記事なのでかなり端折って書いているので、初心者にはわかりにくい部分があるかとは思いますが、こういう作品作りに興味のある方には以下のオンラインビデオサポートにて作品作りをお手伝いいたします。

こうした3DCGノウハウのサポートをしていると「将来的にはUnityでアニメーションやゲーム作りに使えるVRアイドルモデルの作り方を知りたい」といった要望を多く受けます。そこで、初心者向けに私が今までに体験的に獲得したVRモデルアニメーション作りのノウハウを115ページの制作マニュアルに凝縮してPDFでダウンロード提供を開始しました。今なら結婚記念日セール中です。

お問い合わせフォームからのご質問や、無料会員登録やダウンロード商品のご購入により会員になっていただければ、オープンチャットサロンブライベートチャットルームにて、営業時間外でも私がPCで作業中の時間帯は簡単なサポートには対応可能なのでお気軽にご連絡ください。

ではでは、きらやん

Chrome 3Dの最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

吉良 浩明
吉良 浩明Chrome 3D 管理人
広島市出身で札幌市在住の66歳独身男性です。

年金生活をしながらボランティアで町内会の役員や交通巡視員などで活動をしつつ、最近は20年前から始めた3DCGのスキルをサイトで情報発信し共有する活動を始めました。

趣味はバイオリンです。音楽ファンとしていろいろなジャンルの音楽を聴きます。DTMや3DCG/VRなどで作品を作るのも好きです。

よろしくお願いいたします。
Sketchfab Chrome 3D CTA

顔写真1枚から作った3DモデルなどをVRで紹介し 無料でダウンロード

3DCGモデル総合サイト「Sketchfab」で3Dモデル作品をVRで見回して無料でダウンロードできます。各モデル画面の左下の「Download 3D Model」をクリックし、Original / glTF / USDZ からファイル形式を選んで「DOWNLOAD」ボタンをクリックしてダウンロードしてください。ログインには FACEBOOK / GOOGLE / TWITTER アカウントが使えます。