[K] ECサイトのGoogle対応 – 無料Schemaプラグインの導入など –

ECサイト Google対応 無料Schemaプラグイン

当サイトで実施しているECサイトで必要なGoogleへの具体的な対応方法を紹介します。特に、Google Search Consoleからの「aggregateRating」がありません、などの警告への対応には無料Schemaプラグインを導入してWooCommerceも含めた構造化データに対応した結果、Google「リッチリザルトテスト」に合格しましたが?

はじめに

一般的なWordPressブログのGoogle対応に比べると、ECサイトの場合は少し異なった対応が必要になります。

当サイトでECサイトとして導入している主なGoogle対応は以下です。

  • Google Search Consoleへの登録
  • サイトマッププラグインの導入
  • AMP対応プラグインの導入
  • Schema(構造化データ)対応プラグインの導入

当サイトは、Vektor社の「Katawara」という有料テーマを採用していますが、それを前提とした紹介です。同じVektor社の無料テーマ「Lightning」やその有料版である「Lightning Pro」でも今回の内容が同様に使えると思います(検証はしていませんが)。

Search Consoleとサイトマップに関しては一般的なWordPressブログで導入している方法と同様ですが、ECサイトの場合は「商品」というサイドメニューが現れるので、ブログとは多少異なった対応が必要になります。

AMP対応は最近では多くのブログ向けテーマ内で対応が可能ですが、Vektor社のテーマは基本的にテーマをシンプルにして、機能実装はプラグインで行う思想なので、AMP対応に関してもプラグインで対応しています。

Schema対応は必ずしも必要ではありませんが、Google検索エンジンに構造化データで商品(Product)データを渡すことで、より商品としてのアピールが可能になります。Search Consoleからも各種データを見ることができます。もっともエラーや警告も表示されますが・・・

この記事では、現在導入している主なGoogle対応の方法を無料プラグインの導入を中心に紹介します。

ここからは会員限定コンテンツです。当サイトの商品をご購入いただくか、無料会員登録をした後で、会員ログインしてお読みください。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
Sketchfab Chrome 3D CTA

顔写真1枚から作った3DモデルなどをVRで紹介し 無料でダウンロード

3DCGモデル総合サイト「Sketchfab」で3Dモデル作品をVRで見回して無料でダウンロードできます。各モデル画面の左下の「Download 3D Model」をクリックし、Original / glTF / USDZ からファイル形式を選んで「DOWNLOAD」ボタンをクリックしてダウンロードしてください。ログインには FACEBOOK / GOOGLE / TWITTER アカウントが使えます。