Fuse CCモデルをVR/AR – MixamoとSketchfabで –

Fuse CC 仮想Windows Paperspace Sketchfab

仮想WindowsのPaperspaceのAdvanced版ではAdobe CCアプリがインストールできて、Photoshop2019をダイレクトインストールするとGPUを使った3Dモデル作品の制作が可能です。今回は、Fuse CCで作った3DモデルをMixamoサイトでアニメーションをして、3DCG総合サイトのSketchfabにアップロードしてVR / ARで作品を公開する方法を紹介します。

はじめに

以下の記事で、仮想WindowsのPaperspace(Advanced版)を日本語化して、Adobe CCアプリをインストールして、Photoshop2019をダイレクトインストールすることで、Fuse CC(ベータ版)をインストールして3Dモデルを作って、Photoshopに読み込んで3Dモデル作品を制作する方法を紹介しています。

今回は、Adobe MixamoサイトにFuse CCで作った3Dモデルを送って、オートリガーでアニメーション化してプリセットのアニメーションを適用し、FBXファイルでエクスポートして3DCG総合サイトのSketchfabにアップロードして、VRで見回せたりダウンロードできるようにし、スマホのSketchfabアプリでAR表示を楽しむ方法について紹介します。

Fuse CCで3Dモデルを作成

適当にアイテムを順に選んで3Dモデルを完成させます。

今回はMixamoでアニメーションを設定してSketchfabで公開します。

右上の左側ボタン「Send to Mixamo」をクリック。Photoshopの3D機能で使いたい場合は「Save to CC Libraries」にします。

適当な名前を付けて「Save」をクリック。

自動的にPaperspace上でブラウザーが開いてMixamoサイト上で「Auto-Rigger」が起動しアニメーションが可能な状態になります。

右下の「Finish」をクリック。

ANIMATE」をクリック。

左側のアニメーションパネルから適当なアニメーションを選びます。

右上の「DOWNLOAD」をクリック。

上記のような設定を確認して、FBX形式で「DOWNLOAD」をクリック。

保存」をクリック。今回の.fbxファイルの容量は8MBだったので、Sketchfabへのアップロードファイルの上限50MBより小さいです。

ChromebookWindwos PCをChrome OS化するCloudReadyでChrome OSで使う場合はGoogleドライブにアップロードしておきます。

Paperspaceで作業を終了する場合は、Paperspaceの右上の電源ボタンから「Shutdown machine」を選んでシャットダウンします。「Shutdown machine」がメニューに無い場合は、「Back to Console」でいったんコンソール画面に戻り、右上の「Shutdown」ボタンをクリックしてシャットダウンします。

左上のステータス表示が「Off」になれば、ログアウトします。

Sketchfabにアップロードして公開

以下の記事を参考にして、Sketchfabサイトにアップロードして公開します。

https://sketchfab.com/3d-models/jazz-dancing-317656b0d6e54c5d9443deb098866f46

まとめ

AR対応のスマートフォン(iOS13以上対応のiPhoneや比較的新しいAndroid機種)では、SafariやChromeの最新版アプリで「カブトムシ」などでGoogle検索するとVR表示のカブトムシが表示され、ARビュアーボタンをタップすると、自宅の床などの景色の中にカブトムシを置いて見回せます。

しかし、AR対応していない端末の場合はAR表示ができませんが、その場合でもSketchfabアプリのAR機能を使えば、多少不安定ではありますが、AR表示がある程度可能です。

以下は、Fuse CCで作った3DモデルをSketchfabにアップロードした例です。アニメーションしています。

この作品はモデルを床に置いていないので宙に浮いているせいか、ARで自宅の床に置けませんでした。

そこで、アニメーションで床に置いている以下の作品(VRoid Studioで制作)を試したところOKでした。

照明の光や影は、環境光に応じて自動的に3Dモデルに反映しています。

ではでは、きらやん

Chrome 3Dの最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

吉良 浩明
吉良 浩明Chrome 3D 管理人
広島市出身で札幌市在住の66歳独身男性です。

年金生活をしながらボランティアで町内会の役員や交通巡視員などで活動をしつつ、最近は20年前から始めた3DCGのスキルをサイトで情報発信し共有する活動を始めました。

趣味はバイオリンです。音楽ファンとしていろいろなジャンルの音楽を聴きます。DTMや3DCG/VRなどで作品を作るのも好きです。

よろしくお願いいたします。
Sketchfab Chrome 3D CTA

顔写真1枚から作った3DモデルなどをVRで紹介し 無料でダウンロード

3DCGモデル総合サイト「Sketchfab」で3Dモデル作品をVRで見回して無料でダウンロードできます。各モデル画面の左下の「Download 3D Model」をクリックし、Original / glTF / USDZ からファイル形式を選んで「DOWNLOAD」ボタンをクリックしてダウンロードしてください。ログインには FACEBOOK / GOOGLE / TWITTER アカウントが使えます。